LEADTOOLS ナレッジベース

[Document Imagingファミリー][ImageViewer] アノテーションオブジェクトの線の色、幅、スタイルの初期値を設定するには?

Leadtools.Annotations.Coreクラスのアノテーションオブジェクトの初期値を設定するには、FindObjectByIdメソッドを使用してアノテーションオブジェクトを取得し、ObjectTempleateに対してオブジェクトのプロパティを設定します。

Strokeプロパティは、アノテーションオブジェクトの基底クラスであるAnnObjectのStrokeプロパティで設定します。

以下は、直線アノテーションオブジェクトの線の色、幅、スタイルを設定するサンプルです。

サンプルコード(VB.NET)

' テンプレートオブジェクトを受け取る変数
Dim obj As AnnAutomationObject

' 直線アノテーションオブジェクトの線の色、幅、スタイルを設定
obj = annAutomationManager.FindObjectById(AnnObject.LineObjectId)
If Not obj Is Nothing Then
    Dim annObj As AnnObject
    annObj = CType(obj.ObjectTemplate, AnnObject)
    ' 線の色(Common > Stroke > Color)
    annObj.Stroke.Stroke = AnnSolidColorBrush.Create("Blue")
    ' 線の幅(Common > Stroke > Width)
    annObj.Stroke.StrokeThickness = New LeadLengthD(5)
    ' 線のスタイル(Common > Stroke > Style)(DashDotDotに相当)
    Dim StrokeArrayList() As Double = {3.0, 1.0, 1.0, 1.0, 1.0, 1.0}
    annObj.Stroke.StrokeDashArray = StrokeArrayList
End If

サンプルコード(C#)

// テンプレートオブジェクトを受け取る変数
AnnAutomationObject obj;

// 直線アノテーションオブジェクトの線の色、幅、スタイルを設定
obj = annAutomationManager.FindObjectById(AnnObject.LineObjectId);
if(obj != null)
{
     AnnObject annObj;
     annObj = (AnnObject)obj.ObjectTemplate;
     // 線の色(Common > Stroke > Color)
     annObj.Stroke.Stroke = AnnSolidColorBrush.Create("Blue");
     // 線の幅(Common > Stroke > Width)
     annObj.Stroke.StrokeThickness = new LeadLengthD(5);
     // 線のスタイル(Common > Stroke > Style)(DashDotDotに相当)
     double[] StrokeArrayList = { 3.0, 1.0, 1.0, 1.0, 1.0, 1.0 };
     annObj.Stroke.StrokeDashArray = StrokeArrayList;
}

 

実際の動作は.NETコントロール チュートリアルの「アノテーション New\AutomatedAnnotations」に上記コードを追加してお試しください。

※デフォルトの自動オブジェクトを作成(annAutomationManager.CreateDefaultObjects())した後に記述する必要があります。

 

関連情報

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。