LEADTOOLS ナレッジベース

[Document Imagingファミリー] ローカル環境以外にアノテーションファイルを保存した場合に時間がかかる

System.IO.File.Copyメソッドを実行後、Leadtools.Annotations.AnnCodecsクラスのSaveメソッドを実行してローカル環境以外にアノテーションを保存するとアノテーションの保存に時間がかかります。
Leadtools.Annotations.AnnCodecsクラスのSaveメソッドのみ実行した場合は現象は発生しません。

本現象はLEADTOOLS 19.0Jの制限事項です。


参考例:
アノテーションオブジェクトを10~20個配置して、以下のようにFile.Copyメソッド、Leadtools.Annotations.AnnCodecsクラスのSaveメソッドでローカル環境以外に保存するとアノテーションの保存に5~10秒程度の時間がかかります。(保存時間はネットワーク環境によって異なる場合があります。)
--------------------------------------------------
' アノテーションファイルをバックアップ
File.Copy("\\マシン名\Test\Test.ann", "\\マシン名\Test\Test.ann.bak", True)

' アノテーションファイルを保存
annCodecs.Save("\\マシン名\Test\Test.ann", Container, AnnCodecsFormat.Xml, 1, AnnCodecsSavePageMode.Replace)
--------------------------------------------------


回避方法
LEADTOOLS 19.0JではLeadtools.Annotations名前空間は非推奨となりました。
代わりにLeadtools.Annotations.Core名前空間のAnnCodecs.Saveメソッドをご利用ください。

Leadtools.Annotations.Core名前空間 : AnnCodecsクラス : メソッド一覧
http://docs.leadtools.grapecity.com/v19/dh/ac/leadtools.annotations.core~leadtools.annotations.core.anncodecs_methods.html

自動アノテーションの実装方法については、「自動アノテーションの操作」チュートリアルをご参考ください。


【非推奨となったLeadtools.Annotations名前空間のAnnCodecs.Saveメソッドを使用する場合】
AnnCodecsFormat.Serialize形式での保存をご検討ください。
AnnCodecsFormat.Xml形式で保存する必要がある場合には、一度ローカルに保存してからローカル環境以外へコピーする方法をご検討ください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。