LEADTOOLS ナレッジベース

[Document Imagingファミリー][RasterImageViewer] アノテーションのフォントサイズを更新後、プロパティダイアログを開くと異なるフォントサイズになる

RasterImageViewer.UseDpi = Trueの場合、アノテーションプロパティのフォントダイアログを開き、テキストのフォントサイズを更新後、再度テキストプロパティの「フォント」タブを開くと変更したサイズと異なるフォントサイズが表示されます。
また、「変更」ボタンでフォントダイアログを開き、そのままフォント関連の値を更新するたびにフォントサイズが大きくなります。

本現象はLEADTOOLS 19.0Jの制限事項です。

再現手順

  1. 「RasterImageViewer.UseDpi = True」で画像を表示します。
  2. アノテーションのテキストのフォントを設定します。 例として、10ptを設定して全てのダイアログを閉じます。
  3. 再度プロパティを開き、フォントダイアログを開いて、「OK」ボタンで全てのダイアログを閉じます。その結果、フォントが大きくなります。
  4. 再度、フォントダイアログを開きます。「OK」ボタンで全て閉じます。結果、フォントが大きくなります。

回避方法
UseDpiを使用せずにCurrentXScaleFactor/CurrentYScaleFactorプロパティの設定で表示を行う方法をご検討ください。

RasterImageViewer1.CurrentXScaleFactor = 96 / RasterImageViewer1.ImageDpiX
RasterImageViewer1.CurrentYScaleFactor = 96 / RasterImageViewer1.ImageDpiY

※通常表示を行う場合には、このプロパティを 1 に設定することで切り替え可能です。
RasterImageViewer1.CurrentXScaleFactor = 1
RasterImageViewer1.CurrentYScaleFactor = 1

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。